『 CR-1 』 は、大切なバイクをガラス被膜で守るコーティングです。
バイクと付き合っていく上で避けて通れないのがメンテナンス。
「良い外観を保ちたい」という欲求は全てのユーザーに共通していますが、
想いに相反した格好でメンテナンスの手間が増えてくるのもまた事実です。
そう言った一連の煩わしさからユーザーを開放し、
ひとまわり強くなった愛車とともに新しいバイクライフを見出していただく。
このようなコンセプトのもと、『 CR-1 』 は開発されました。

気になっている方は、是非 相談してください。
まずはお見積り依頼をお待ちしております。

【効果1】高硬度(3.2 GPa・9H)のガラス被膜で「深い輝き」と「高い耐傷性」を発揮
特殊コーティング剤を車体に塗布し、クリア塗装以上に強固なガラス被膜を表面に形成します。
結果、表面が平滑になる事で乱反射が少なくなり、新車時の落ち着いた色ツヤを取り戻します。
耐光性に優れた純度100%のガラス被膜ですので、紫外線や雨で落ちてしまうことはありません。
さらに高硬度であるため、洗車の際に入る細かなキズも軽減されます(ヘアライン等を完全に防ぐことはできませんので、砂を噛んだスポンジや、粗悪なタオルは使用しないでください)。

【効果2】およそ0.1 µm(マイクロメートル)の被膜が汚れの固着を防止
ガラス被膜の上に汚れが乗る格好になり、直接塗装と接しない為、固着しにくくなります。
結果、ブレーキダストや泥汚れ等は「水洗い」で簡単に落とす事が出来、
油汚れはパーツクリーナーで擦らず落とせるようになります。
1,300℃以上の耐熱性があるため、エンジンやマフラー等の高温部にもコーティング可能。
手が入りにくい部分のメンテナンスも楽になります。
ヘルメットに施工すれば虫が取れやすくなります。

【効果3】10年持続の完全無機質被膜
物理的に削り落とすか、化学薬品で剥離する以外に被膜自体はなくなる事がなく、
経年変化はほとんどありません。
よって、良い状態を長い間保つ事ができます。
(個体差もありますが無垢の金属部品のサビ発生を完全に止めることはできません)。